[SFDC]Summer’14リリースでdescribeのガバナ制限が撤廃

Summer’14リリースの中でもリフレクション大好き開発者的にインパクトの大きいものはやはりこれではないでしょうか。
describe の制限の削除:Summer’14リリースノート

個人的には動的SOQLを作る時などにDescribeのお世話になっています。もちろん今まではガバナの存在を意識してコーディングする必要がありました。
そういえばDescribeを利用した変なユーティリティを作ったことがありました。この時もDescribeを使い過ぎないための典型的な手法-一度アクセスしたDescribeはキャッシュしておく-を利用しました。
[SFDC]よく似たオブジェクト同士の項目をコピーするユーティリティ
[SFDC]実行ガバナ制限と真面目にお付き合い

Summer’14以降、少なくとも制限の面からはこのようなハックは不要になります。そしてもしかするとパフォーマンス観点でもキャッシュのハックは不要かも知れないという示唆もあります。
Summer 14 Describe Patterns:Advanced Apex Programming for Salesforce.com and Force.com


コメントを残す