[AWS]S3×Route53×お名前.comでルートドメインな静的Webサイトホスティングする

クッソつまらんWebサイトコーディング&運営のお仕事もAmazonS3使えば少しは楽しいかも知れない…つって適当にS3で静的WebサイトホスティングしようとしたらRoute53なしにルートドメインを使えなかったのでやり方メモ

前提

ドメインはお名前.comで取得しておく

Amazon S3 で静的Webサイトホスティングする

  • ルートドメイン名と同じ名前のバケットを作成する。HTMLファイルなどリソースアップしておく。
  • バケットのプロパティ > 静的ウェブサイトホスティング > ウェブサイトのホスティングを有効にする を選択する
  • バケットのプロパティ > アクセス許可 > バケットポリシーの編集をクリックして以下内容を記述して保存する

これでAWSから払いだされたエンドポイントでWebサイトが公開される。
例)hogerapiyopiyo.com.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

Route53をDNSサービスとして使う

Hosted Zoneの作成

Route53のダッシュボードから以下の手順でHostedZone(ドメインとそれに紐づくレコードの集合)を作成する。

  • Create Hosted Zone
    • Domain Name: ドメイン名 を入力
    • Type: public hosted zone を選択

NSレコードが作成されている。これは後でお名前.com側に設定する。

Aレコードの作成

HostedZoneの詳細画面からAレコードを作成する。

  • Create Record Set
    • Name: 空
    • Type: A – IPv4 Address
    • Alias: yes
    • Alias Target: 入力欄をクリックすると「S3 Website Endpoints」としてS3で作成したバケットを選ぶことができる
    • Routing Policy: simple
    • Evaluate Target Health: No

Save Record Setボタン押して保存する。

お名前.comの設定

お名前.comの管理画面上からネームサーバーをRoute53に変更する。

  • お名前.comの管理画面にログイン
  • ネームサーバーの設定 > ネームサーバーの変更 > ドメイン名をクリック > 「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリックする
  • 「他のネームサーバーを利用」をクリックし、「ネームサーバー情報を入力」欄に、Route53で作成されていたNSレコードの4つのネームサーバーの値を上から順に入力して保存する。
    ※↓これあくまで例。HostedZone毎にNSレコードの値は異なる。
1プライマリネームサーバー(必須) ns-423.awsdns-52.com.
2セカンダリネームサーバー(必須) ns-1211.awsdns-23.org.
3 ns-1582.awsdns-05.co.uk.
4 ns-891.awsdns-47.net.

しばし待てばルートドメインでS3にホストしたサイトにアクセスできる。

おまけ:zohoメールの設定

zohoメールで独自ドメインを使えるようにする。
zoho側でアカウント作成&「ドメインの追加」からドメインを登録する。

ドメインの所有権の確認のためにRoute53側にCNAMEレコードを追加する。

zoho側で「CNAMEを利用する方法」に記載されたNameとValueをRoute53側に登録する。
作成済のHosted Zoneの詳細画面からCNAME Record Setを作成する。

  • Create Record Set
    • Name: zohoに指示されたもの
    • Type: CNAME
    • Alias: No
    • Value: zohoに指示されたもの

これで登録

ZohoのメールサーバーをRoute53に登録する

zohoのMXレコードをRoute53に登録する。
作成済のHosted Zoneの詳細画面からMX Record Setを作成する。

  • Create Record Set
    • Name: 空
    • Type: MX
    • Alias: No
    • Value: ZohoのMXレコード2つとも入力

これでzohoメールを独自ドメインで利用できる。

おわり


コメントを残す