[kintone]CSVからkintoneアプリを作成する時の注意点

スプレッドシートで自社アカウント管理するのが辛くなってきたのでkintone使ってみることにした。Salesforce?高いんだよなあ…。スプレッドシートをCSV形式でエクスポートしてkintoneに取り込めば一瞬でアプリが作成される…、はずだったんだけどちょっと詰まる部分もあったのでメモ。

CSVからkintoneアプリを作成する時の注意点

列は50個まで

51列以上あるCSVはそもそも取り込めない。50列のCSVと残りのCSVに分ける必要がある。
さらに、フィールドを一括で作成(定義)できるのはCSVからのアプリ作成時のみなので、
まず50列のCSVをベースにアプリを作成(フィールド一括作成)し、残りの列についてはkintoneの設定画面から手動でフィールドを定義しなければならない。そこまで用意してから、キーとなるフィールドを指定して残りのCSVを「一括更新」という形で取り込む流れになる。

CSV取り込みでの「一括更新」

更新キーに指定できるのは、レコード番号(kintoneで採番されるシステム値)と「文字列1行で重複禁止」設定のフィールドのみ。
CSVからのアプリ作成時には重複禁止を設定するUIが無いので、アプリ作成後にフィールド設定の画面から設定する必要がある。

CSV取り込み時に「値に改行が含まれています。」エラーが表示された場合

文字列複数型以外の型のフィールドに改行コードが含まれている可能性がある。

…とこれらの内容はサポートに電話で問い合わせたのですが、極めて丁寧かつ分かりやすく対応していただけました。


コメントを残す