[Lightning]コミュニティの詳細画面で使うComponent内でレコードIDを取得する方法

メモ
SalesforceのLightningコンポーネントについて
パートナーコミュニティのレコード詳細画面で使うコンポーネント内でレコードIDを取得したい場面がありました。

Salesforce Winter ’16 リリースノート > Lightning コンポーネント > 新規インターフェース

Winter’16のリリースノートによれば force:hasRecordIdをimplementsに含むことでレコードIDを取得できるように書いてありますが、
コミュニティに組み込んだコンポーネントではこの方法でレコードIDを取得できませんでした。
良い方法が無さそうだったので、仕方なしに以下のように泥臭く危うい感じで対応しました。

■コンポーネント(.cmp)

■コントローラ(Controller.js)

もっとスマートにできないものでしょうか…

すみません、上記は嘘で、2017/05/22現在では、コミュニティでもレコード詳細ページに組み込んだLightningコンポーネント内ではレコードIDの取得ができました。

■cmp

※force:hasRecordIdを書いておく

■controller

これで取れる

参考:https://developer.salesforce.com/blogs/developer-relations/2015/11/building-context-aware-lightning-components.html


コメントを残す